フライヤー号(読み)ふらいやーごう(英語表記)Flyer

翻訳|flyer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1903年12月17日、ライト兄弟が世界最初の動力飛行に成功した飛行機の名称。正式にはライト・フライヤー号Wright Flyerという。3号機まである。1900年からのグライダーによる系統的な実験によって得られた技術的な根拠に基づいて設計されており、当時の他の先駆者たちが考えた飛行機に比べて理論的にもぬきんでていた。しかし固有安定性がなく、つねに操縦によって姿勢を保たねばならず、操縦は容易ではなかった。また、翼をねじって左右の傾きを直す撓(たわ)み翼の考案は、現在の補助翼と同じであるとして、その使用をめぐって長い間、特許問題で論争が繰り広げられた。

[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android