コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラカストーロ Fracastoro, Girolamo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラカストーロ
Fracastoro, Girolamo

[生]1478. ベロナ
[没]1553.8.8. ベロナ近郊カジ
イタリアの医者,詩人。ルネサンス時代の典型的な人文学者で,数学,天文学,地質学,植物学の学者でもあった。近代細菌学が興隆する 300年も前に伝染病の感染を科学的に述べた人である。パドバ大学で学び,1502年に母校の論理学教授となり,のちベロナで開業。 30年に『シフィリスあるいはフランス病』 Syphilis sive morbus Gallicusという詩を発表,梅毒の病状を綴ったことから,牧童の名前に用いたシフィリスが,以後梅毒の病名となった。 46年に『接触と伝染病』 De contagione et contagiosis morbisを発表,直接の接触伝染,着物などによる間接伝染,空気による遠隔伝染の3つの型を記載し,自己増殖する微小体が原因だと述べた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラカストーロ
ふらかすとーろ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フラカストーロの関連キーワード川中島の戦いスフランツェスパッツィ家の陰謀ボッティチェッリルネサンス史(年表)フラカストロ忍城Edward the Confessor川中島の戦グレー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android