フランス革命に関する省察(読み)フランスかくめいにかんするせいさつ(英語表記)Reflections on the Revolution in France

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス革命に関する省察
フランスかくめいにかんするせいさつ
Reflections on the Revolution in France

イギリスの政治思想家 E.バーク著作。 1790年刊。フランス革命具現化された思想に対する,最初の反撃の書。革命の実際のなりゆきや指導者たち,革命を鼓舞した基本的理念,革命を生み出した合理主義的,理想主義的な気風などを論じ,さらに抽象的な民主主義や単なる多数決の危険について触れ,世襲貴族の責任ある指導の必要を説いている。この書物は政治理念の宝庫ともいうべきもので,ロマン主義伝統主義,歴史主義,近代保守主義などはここから流れ出たといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android