フランツ フューマン(英語表記)Franz Fühmann

20世紀西洋人名事典の解説

フランツ フューマン
Franz Fühmann


1922 - 1984
ドイツ(東ドイツ)のジャーナリスト
ソビエト捕虜として生活し、その後、1950年頃から、文筆家として独立する。’59年に第1作目の児童書を発表して以来、主として、古典文学、伝説などを再話したもので、東ドイツ児童文学界の中心的存在であった。主著に「アンドロクルスとライオン」(’66年)、「ニーベルンゲンの歌」(’71年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android