コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリクテン性結膜炎 ふりくてんせいけつまくえん Phlyctenular Conjunctivitis

1件 の用語解説(フリクテン性結膜炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふりくてんせいけつまくえん【フリクテン性結膜炎 Phlyctenular Conjunctivitis】

[どんな病気か]
 眼球結膜(がんきゅうけつまく)(白目(しろめ))、とくに角膜(かくまく)(黒目(くろめ))との境界付近に、粟粒大(あわつぶだい)で隆起した灰白色の斑点(はんてん)が生じる病気です。斑点の周囲が充血し、異物感を生じる場合もありますが、めやに(眼脂(がんし))はありません。結核菌(けっかくきん)やブドウ球菌(きゅうきん)に対するアレルギー反応によると考えられています。
 幼児あるいは思春期の青少年によくみられます。衛生環境や栄養状態が悪い場合に多いとされています。
 自然に治る場合もありますが、治療には、ふつうステロイド副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)の点眼が有効です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

フリクテン性結膜炎の関連キーワード結膜眼球銀行眼球岩塩眼球ミグマタイト眼球圧砕岩眼球展砕岩眼球白粒岩眼球斑糲岩石灰質眼球千枚岩石英眼球

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone