フリクテン性結膜炎(読み)ふりくてんせいけつまくえん(英語表記)Phlyctenular Conjunctivitis

  • (眼の病気)
  • フリクテン性結膜炎 Phlyctenular Conjunctivitis

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 眼球結膜(がんきゅうけつまく)(白目(しろめ))、とくに角膜(かくまく)(黒目(くろめ))との境界付近に、粟粒大(あわつぶだい)で隆起した灰白色斑点(はんてん)が生じる病気です。斑点の周囲が充血し、異物感を生じる場合もありますが、めやに(眼脂(がんし))はありません。結核菌(けっかくきん)やブドウ球菌(きゅうきん)に対するアレルギー反応によると考えられています。
 幼児あるいは思春期の青少年によくみられます。衛生環境や栄養状態が悪い場合に多いとされています。
 自然に治る場合もありますが、治療には、ふつうステロイド(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)の点眼が有効です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

六訂版 家庭医学大全科の解説

どんな病気か

 フリクテンとは水疱(すいほう)のことで、角膜(黒眼)や結膜に丸い隆起のできる病気です。

原因は何か

 一種のアレルギーです。その原因は、昔は結核菌が多かったのですが、現在ではブドウ球菌や真菌(カビ)に対するアレルギーといわれています。

症状の現れ方

 角膜(黒眼)に接する結膜が部分的に充血し、異物感を伴います。多くは角膜の右端か左端の結膜に起こります。数日すると充血の中心が隆起します。自然に治っても再発することが多くみられます。

検査と診断

 症状から診断します。角膜に病変が広がることもあります。

治療の方法

 ステロイド薬を点眼すると、普通、数日で治ります。

病気に気づいたらどうする

 あまり悪質な病気ではありませんが、早めに専門医の診察を受けてください。

森 秀夫

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android