コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリクテン性結膜炎 ふりくてんせいけつまくえんPhlyctenular Conjunctivitis

家庭医学館の解説

ふりくてんせいけつまくえん【フリクテン性結膜炎 Phlyctenular Conjunctivitis】

[どんな病気か]
 眼球結膜(がんきゅうけつまく)(白目(しろめ))、とくに角膜(かくまく)(黒目(くろめ))との境界付近に、粟粒大(あわつぶだい)で隆起した灰白色斑点(はんてん)が生じる病気です。斑点の周囲が充血し、異物感を生じる場合もありますが、めやに(眼脂(がんし))はありません。結核菌(けっかくきん)やブドウ球菌(きゅうきん)に対するアレルギー反応によると考えられています。
 幼児あるいは思春期の青少年によくみられます。衛生環境や栄養状態が悪い場合に多いとされています。
 自然に治る場合もありますが、治療には、ふつうステロイド副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)の点眼が有効です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android