コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリュンデ Pfründe[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

フリュンデ【Pfründe[ドイツ]】

聖職禄のこと。元来は奉仕に対する報酬として与えられる土地贈与の意に用いられたが,教会法では一定の義務や条件を定めた聖職を履行した場合に報いられる一定の収入を意味した。11世紀以後広く普及し,それとともに聖職禄を二重,三重に取得する者が多くなり,公会議は1059年以来,1179年,1215年,74年とたびたびそれを禁じたが改まらず,15世紀には数十,数百の聖職禄を一人で占めるものがあり,下級聖職者の困窮の原因ともなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フリュンデの関連キーワード聖職禄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android