コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリュンデ Pfründe[ドイツ]

1件 の用語解説(フリュンデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フリュンデ【Pfründe[ドイツ]】

聖職禄のこと。元来は奉仕に対する報酬として与えられる土地贈与の意に用いられたが,教会法では一定の義務や条件を定めた聖職を履行した場合に報いられる一定の収入を意味した。11世紀以後広く普及し,それとともに聖職禄を二重,三重に取得する者が多くなり,公会議は1059年以来,1179年,1215年,74年とたびたびそれを禁じたが改まらず,15世紀には数十,数百の聖職禄を一人で占めるものがあり,下級聖職者の困窮の原因ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フリュンデの関連キーワードコミッション保管料勤労奉仕賃銭手数料骨折り労賃ノーギャラトータル・リワード議員報酬と政務調査費

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone