コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリース反応 フリースはんのうFries reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリース反応
フリースはんのう
Fries reaction

K.フリースによって 1908年に見出されたオルトまたはパラアシルフェノール類の合成法。フェノール類のアシルエステルが,塩化アルミニウムまたは塩化亜鉛などのルイス酸の作用によって,オルトまたはパラ位置に転位し,オルトまたはパラアシルフェノール類を生成する反応である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリース反応の関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android