コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽観測 たいようかんそく solar observation

1件 の用語解説(太陽観測の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいようかんそく【太陽観測 solar observation】

太陽の光と熱の恵みを受けてきた人類は,大昔から太陽を最高の崇敬物としてあがめてきた。皆既日食のときに,昼が急に夜となり黒い月のまわりにあやしく輝くコロナを見てどんなに恐怖感を抱いたことであろう。したがってオリエントや中国では早くから日食の予報が行われ,今もサロス周期として知られている規則性はバビロニア時代に知られていた。コロナの最古の記事はフィロストラトスの《テュアナのアポロニオス伝》に光環を見たとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太陽観測の関連キーワード恩寵太陽神話内合平均太陽時サンイエロー恩光慈恵芋の恵み麦の恵みいなばの恵み

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太陽観測の関連情報