フリーハグ(読み)ふりーはぐ(英語表記)Free Hugs

知恵蔵miniの解説

街頭で「FREE HUGS」と書かれたプレートを掲げ、見知らぬ人々と、ただハグ (抱擁) する活動。抱擁することで、苦しみや、悲しみを少しでも和らげ、楽しさや幸せを分け与え、その素晴らしさを他の人々にも伝えてくという目的があるとされているが、行う人によって様々な目的意識がある。アメリカのジェイソン・ハンターが2001年頃に始めたのが起源とされ、04年にはオーストラリアのホアン・マンが同様の活動をビデオに記録しYouTubeに投稿したことで、インターネットを通じて世界中に運動が広まり、社会現象となったとされる。11年には日本の青年が韓国でこの活動を行い話題となったが、これに影響を受け、15年には韓国人留学生が京都でフリーハグを行って話題となった。

(2016-2-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

「見返りなしに抱擁する」という意味。街頭で見知らぬ人に抱擁(ハグ)を呼びかけ、ぬくもりを伝え合ったり、愛や平和を確認し合ったりする活動を指す。「フリーハグズ」とも言われ、2000年前後から米国で広まった。活動の様子を動画サイトに投稿して共感を広げることもある。

(2019-12-16 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリーハグの関連情報