コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルダ フルダFulda

3件 の用語解説(フルダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルダ
フルダ
Fulda

ドイツ中部,ヘッセン州の都市。フランクフルトアムマインの北東約 90km,フルダ川にのぞみ,宗教都市として知られる。聖ボニファチウスの弟子によって 744年に建設された修道院を中心に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フルダ(Fulda)

ドイツ中部、ヘッセン州の都市。744年、ドイツ最古のベネディクト修道会修道院が創設され、中世にはドイツキリスト教化の中心的役割を担った。ドイツの守護聖人ボニファチウスの墓がある大聖堂や市宮殿をはじめ、バロック様式の歴史的建造物が数多く残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フルダ【Fulda】

ドイツ中部,ヘッセン州の都市。人口5万6400(1983)。繊維産業ゴム製品生産が行われるウェーザー川支流のフルダ川が流れる。歴史は古く,ゲルマン人のキリスト教化のためにボニファティウスが8世紀中葉に建てたベネディクト会修道院(フルダ修道院)が中心になって発展した。今日の大聖堂St.Salvator und Bonifatiusは,それまでの修道院教会のあとに,1704‐12年ヨハン・ディーンツェンホーファーがイタリアバロック建築を手本にして造営したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルダの関連情報