コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルングニル フルングニル Hrungnir

1件 の用語解説(フルングニルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルングニル
フルングニル
Hrungnir

北欧神話の巨人。あるときアスガルズを訪れ,神々のもてなしを受けているうちに泥酔して,無礼な言葉を吐いているところをトルに聞きとがめられ,挑戦を受けて3日後に戦うことになった。シアルフィを供に連れて決戦場に来たトルは,ミヨルニルの一撃でフルングニルの武器であった火打石の棒を粉砕したうえ,頭まで打砕いて巨人を殺したが,これによって以後地上のどこにも火打石が発見されることになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフルングニルの言及

【心臓】より

…エジプト民話(前1200ころ?)には,杉の花の頂きに心臓を置いて死んだ弟のために,3年以上も捜しまわって,ようやく心臓を見つけて水に浸し,これを飲ませて生きかえらせた兄の話がある(《二人兄弟の物語》)。エッダ神話の巨人フルングニルは三角形の石の心臓をもって勇敢だった。また〈アイスランド・サガ〉中の勇士ソルゲイルが戦死した後,人々は胸を割いて心臓を見たところ,実は非常に小さかったので嘲笑したという。…

※「フルングニル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フルングニルの関連キーワードミズガルズスッツングルスリュムルスルツルファルバウチベルゲルミルムンディルファリユミルアースガルズミーミル

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルングニルの関連情報