コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石棒 せきぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石棒
せきぼう

縄文時代の遺物の一つ。磨製棒状石製品である。頭部があるものとないものがある。縄文時代中期と後・晩期に現れるが,前者は大型,後者は小型である。両者の系統関係は不明。中部地方で配石遺構から出ている例があり,信仰の対象ではないかと考えられる。後世になってこれを性的信仰の対象としている例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきぼう【石棒】

(1)縄文時代中期以降の磨製石器の一種。円形ないし楕円形断面の棒状を呈し,一端または両端に瘤状のふくらみがある。これによって単頭石棒両頭石棒無頭石棒などと区別することがある。中期の石棒は大型で長さ1mをこえるものが多く,長さ2.5mに達するものすらある。安山岩緑泥片岩で作っている。後期の石棒はおおむね小型になるが,頭部の彫刻はやや複雑になり,粘板岩を用いたものがふえる。断面形もしだいに扁平になり,これから晩期の石剣石刀が分化する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしぼう【石棒】

せきぼう【石棒】

丸棒状の磨製石器。一端または両端が瘤こぶ状をなし、長さは普通50センチメートルから1メートル 程度。縄文時代の呪術関係の遺物。いしぼう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石棒
せきぼう

縄文時代中期から晩期にかけてつくられた棒状をなした石製品。中期の石棒は太くかつ長さが2メートルにも及ぶ大形品がみられ、なかには男性性器をかたどったものが存在する。竪穴(たてあな)住居址(し)の内部に設立してあったと考えられる例もある。後期以降になると小形化し、文様も精巧になる。とくに晩期の石棒においては頭部を彫刻し、土器と共通する三叉(さんさ)文、三角状のえぐり込み、線刻などを施すものが目だつようになり、赤色の顔料などが塗られていたものもあった。その形状からみて、呪術(じゅじゅつ)的、儀礼的な用途に用いられたものとみられるが、江戸時代以降の民間習俗で、縄文時代の石棒を性器として祀(まつ)っている例も少なくない。大形のものは安山岩、小形のものは粘板岩、緑泥片岩などの石を用いることが多い。類似の遺物として縄文時代晩期の東日本に存在した石刀(せきとう)、石剣(せっけん)などがある。[鈴木公雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石棒の言及

【石剣】より

…形態が刀剣類に類似した縄文時代後期・晩期の磨製石器と,東アジアにみられる金属製の剣を模倣した〈磨製石剣〉とに分かれる。(1)縄文時代の石剣は広義の石棒に属し,その区別はあいまいである。長さ20~40cm,断面が紡錘形をなす扁平な棒状石器で,先端がとがる。…

※「石棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石棒の関連キーワード寺ノ浦石器時代住居跡馬高モンゴル細石器文化イェリコ(遺跡)瀧沢石器時代遺跡静内御殿山遺跡キウス周堤墓群大境洞窟住居跡フルングニル綾織新田遺跡井野長割遺跡与助尾根遺跡長者ヶ平遺跡沖ノ原遺跡上高津貝塚中沢目貝塚上白岩遺跡下布田遺跡堂之上遺跡敷石住居址

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石棒の関連情報