コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレデリクスボー城 フレデリクスボージョウ

2件 の用語解説(フレデリクスボー城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フレデリクスボー‐じょう〔‐ジヤウ〕【フレデリクスボー城】

Frederiksborg Slot》デンマークの首都、コペンハーゲンの北西部郊外、ヒレロズにある城。16世紀中頃にフレデリクス2世が入手し、王位を継承したクリスチャン4世ルネサンス様式に改築した。現在は国立歴史博物館として公開されている。フレゼリクスボー城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

フレデリクスボーじょう【フレデリクスボー城】

デンマークの首都コペンハーゲンの北西約30km、同市街中心部から電車(地下鉄)で1時間弱のヒレロズ(Hillerød)の郊外にある城。広大な庭園の中心に湖があり、その湖の中心に城の建物がある。もともとは貴族の館があったが、16世紀中頃にフレデリク2世が買い取り、その後、17世紀初頭に、王位を継承したクリスチャン4世がルネサンス様式の宮殿として完成させたものである。◇しかし、この城は1859年に大火に遭い、同国のビール醸造会社、カールスバーグ社の社長のヤコブセン(J.C. Jacobsen)が再建したのが、現在のフレデリクスボー城である。現在は国立の歴史博物館となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレデリクスボー城の関連キーワードクーラウコペンハーゲンコペンハーゲン学派シェラン島コペンハーゲンブルーゲフィオンの泉ストロイエスロッツホルメンコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲンカーニバル

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone