コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレデリック3世 フレデリックさんせいFrederik III

1件 の用語解説(フレデリック3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレデリック3世
フレデリックさんせい
Frederik III

[生]1609.3.18. ハーデルスレウ
[没]1670.2.9. コペンハーゲン
デンマーク=ノルウェー連合王国の王 (在位 1648~70) 。クリスティアン4世の子。ドイツにおけるスウェーデン領を攻撃 (57) ,ユトラント (ユラン) 半島に侵入し,シェラン島に上陸したスウェーデンのカルル 10世に敗れ,スコーネなど現在の南西スウェーデン,ボルンホルム島トロンヘイムを失った (→ロスキレの和約 ) 。しかしその後再開されたカルルの攻撃に対しては断固としてコペンハーゲンを防衛,ボルンホルム島とトロンヘイムを奪回 (コペンハーゲンの和約〈60〉) 。コペンハーゲン市民の熱狂的な支持を背景に貴族を押え,選挙王制を世襲王制に変え,デンマーク絶対王制を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フレデリック3世の関連キーワードカブラル徳川氏ラムサール条約島差別平戸オランダ商館琉球王国薩摩藩の琉球侵攻池田光政恨之介和蘭

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone