コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(さ)え/抑え オサエ

デジタル大辞泉の解説

おさえ〔おさへ〕【押(さ)え/抑え】

物が動かないように押さえること。また、押さえるもの。「石で―をする」「飛ばされないように紙に―を置く」
勢いを防ぎ止めること。「感情の―がつかない」
敵の攻撃・侵入を防ぎ味方を支えること。防備。また、その役目。「東方の―は万全だ」「―のピッチャー」
配下にかってな行動をとらせないこと。「関八州の―としての北条氏」
軍隊または行列の最後にあってその散乱を整えること。また、その人。しんがり。
「弁慶は―の役」〈浄・冷泉節〉
念を押すこと。だめ押し。
「義朝の―のことば」〈浄・鎌田兵衛〉
酒を差されたとき、その杯を押し返して重ねて飲ませること。
「―の杯」〈浄・女腹切
押さえ物」の略。
「―の島台」〈浄・国性爺後日〉
囲碁で、相手の石に近接して打ち、その進出を阻止すること。
10 和船を櫓で漕ぐとき、船首を右にむけること。⇔ひかえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

押(さ)え/抑えの関連キーワードトーキング・ドラム[talking drum]ベートマン・ホルウェークイーストアングリア王国スタフィングボックスグラス・ハーモニカホーバート・パシャウラディスラフ1世マヘーンドラパーラクラブツリー効果クラードニの図形ノースの規制法自動電圧調整器エリクセン試験エドマンド1世リーフラー時計米内光政内閣情報エリートクラドニ図形嫌気性生物耶律阿保機

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android