コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(さ)え/抑え オサエ

1件 の用語解説(押(さ)え/抑えの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おさえ〔おさへ〕【押(さ)え/抑え】

物が動かないように押さえること。また、押さえるもの。「石で―をする」「飛ばされないように紙に―を置く」
勢いを防ぎ止めること。「感情の―がつかない」
敵の攻撃・侵入を防ぎ味方を支えること。防備。また、その役目。「東方の―は万全だ」「―のピッチャー」
配下にかってな行動をとらせないこと。「関八州の―としての北条氏」
軍隊または行列の最後にあってその散乱を整えること。また、その人。しんがり。
「弁慶は―の役」〈浄・冷泉節〉
念を押すこと。だめ押し。
「義朝の―のことば」〈浄・鎌田兵衛〉
酒を差されたとき、その杯を押し返して重ねて飲ませること。
「―の杯」〈浄・女腹切
押さえ物」の略。
「―の島台」〈浄・国性爺後日〉
囲碁で、相手の石に近接して打ち、その進出を阻止すること。
10 和船を櫓で漕ぐとき、船首を右にむけること。⇔ひかえ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

押(さ)え/抑えの関連キーワード金縛り首根っ子を押さえる押え込む押える差押える錆押え取押える瓢箪で鯰を押さえるピン留押さえ受け

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone