コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレーヘート Vryheid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレーヘート
Vryheid

南アフリカ共和国東部,クワズールー・ナタール州北部の町。ダーバン北方約 220km,ドラケンスベルク山脈東麓の丘陵地に位置。1884年ボーア人が建設し,1902年イギリス領ナタール植民地に併合された。石炭鉱業地帯の一中心地。付近では一時,金鉱の開発も行なわれていた。トウモロコシサトウキビ,柑橘類,タバコ,ワットル樹皮の集散地。人口約 1万7000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android