コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロートガラス フロートガラスfloat glass

翻訳|float glass

2件 の用語解説(フロートガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロートガラス
フロートガラス
float glass

フロート工法によってつくられた厚みのある,上下両面の平滑度および平行度のよい大型板ガラスフロート工法は 1959年イギリスのピルキントン・ブラザーズ社により開発された方法で,融解した錫の液面に,融解したガラスを浮かばせ,重力により厚みの等しい,なめらかな表面の板ガラスをつくる工法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リフォーム用語集の解説

フロートガラス

通常よく見かけるガラス。透明ガラスの基本的なもの。透明ガラスとも言うが、重ねると少し緑がかって見える。熔融金属の上にガラス素地を流し、火造りのまま連続製造される。フロート板ガラスは高い平面精度をもっているため優れた透視像が得られ、採光性にも優れる。通常の窓ガラスは5mmが使用される事が多いが、2mm 3mm 5mm 6mm 8mm 10mm 12mm 15mm 19mm と様々な厚みがあり、最大幅約3m、長さ10m、板厚19ミリまでの大板生産が可能。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フロートガラスの関連情報