コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フローリー‐ハギンスの理論 Flory-Huggins theory

法則の辞典の解説

フローリー‐ハギンスの理論【Flory-Huggins theory】

高分子溶液の統計力学における画期的な理論.フローリーハギンスがそれぞれ独立に導いた.

フローリーの取り扱いは,古典統計力学におけるブラッグ‐ウィリアムズの近似に相当するもので,混合エントロピー ⊿SM が次式で与えられる.すなわち

SMRN1ln v1N2ln v2

ここで N1v1 は溶媒の分子数と容量分率,N2v2 は高分子の分子数と容量分率である.ハギンスの理論は高分子鎖の結合状況などを詳しく考慮しているが,最終結果においてはほとんど差がないので,通常両者を併せて,フローリー‐ハギンスの理論と呼んでいる.混合自由エネルギーを溶媒分子数で微分した「微分分子希釈エネルギー」⊿F1 は,どちらによっても同じく次の式で与えられる.

ここで T は絶対温度,m高分子溶質の溶媒分子に対する分子容の比,χ は高分子溶媒相互作用定数である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android