コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フローリー‐ハギンスの理論 Flory-Huggins theory

1件 の用語解説(フローリー‐ハギンスの理論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

フローリー‐ハギンスの理論【Flory-Huggins theory】

高分子溶液の統計力学における画期的な理論.フローリーハギンスそれぞれ独立に導いた.

フローリーの取り扱いは,古典統計力学におけるブラッグウィリアムズの近似に相当するもので,混合エントロピーSM が次式で与えられる.すなわち

SMRN1ln v1N2ln v2

ここで N1v1 は溶媒の分子数と容量分率,N2v2 は高分子の分子数と容量分率である.ハギンスの理論は高分子鎖の結合状況などを詳しく考慮しているが,最終結果においてはほとんど差がないので,通常両者を併せて,フローリー‐ハギンスの理論と呼んでいる.混合自由エネルギーを溶媒分子数で微分した「微分分子希釈エネルギー」⊿F1 は,どちらによっても同じく次の式で与えられる.

ここで T は絶対温度,m高分子溶質の溶媒分子に対する分子容の比,χ は高分子溶媒相互作用定数である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フローリー‐ハギンスの理論の関連キーワード久保亮五統計力学量子統計力学沈降定数ウィグナーの位相空間分布関数カークウッド‐ライズマンの粘度式ブロッホの方程式(量子統計力学)フローリー温度フローリー定数フローリー‐レーナーの式

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone