ブイヨ(英語表記)Veuillot, Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブイヨ
Veuillot, Louis

[生]1813.10.11. オルレアン,ボワイヌ
[没]1883.4.7. パリ
フランスのジャーナリスト。極端なウルトラモンタニスムスの信奉者。 1838年ローマを訪れてから熱烈なカトリック信徒となり,43年『リュニベール』L'Univers紙の編集者となって,激動する政治状況のなかで一貫して教皇の絶対権力を主張し,ナポレオン3世のイタリア政策に反対して 60~67年同紙は禁圧された。第1バチカン公会議では教皇無謬性の教理宣言を支持し,死ぬまで強い影響力を維持した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android