コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブイヨ Veuillot, Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブイヨ
Veuillot, Louis

[生]1813.10.11. オルレアン,ボワイヌ
[没]1883.4.7. パリ
フランスのジャーナリスト。極端なウルトラモンタニスムスの信奉者。 1838年ローマを訪れてから熱烈なカトリック信徒となり,43年『リュニベール』L'Univers紙の編集者となって,激動する政治状況のなかで一貫して教皇の絶対権力を主張し,ナポレオン3世のイタリア政策に反対して 60~67年同紙は禁圧された。第1バチカン公会議では教皇無謬性の教理宣言を支持し,死ぬまで強い影響力を維持した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブイヨの関連キーワードゴドフロア・ド・ブイオンオニオングラタンスープオックステールシチューブイヨン・ド・ボライユブイヨン・ド・ブフグレービーソースベシャメルソースグリーンピースロールキャベツメチニコフ現象クールブイヨンブラウンソースブイヨンカップビーフシチューガランティーヌオングロワーズスープストックエルサレム王国ビシソワーズガランティン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android