コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウジー サウジーSouthey, Robert

6件 の用語解説(サウジーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウジー
Southey, Robert

[生]1774.8.12. ブリストル
[没]1843.3.21. カンバーランド,ケジック
イギリスの詩人,伝記作家。一時フランス革命の熱烈な支持者となり,S. T.コールリッジアメリカサスケハナ河畔に理想的平等社会の建設を計画したが,後年は頑固な保守主義者となった。 1803年以降いわゆる「湖水地方」のケジックに定住,ワーズワスと親交を結んだ。勤勉な職業作家として終始し,多量の詩,歴史書,随筆,伝記を残した。 13年桂冠詩人となる。一時世評が高かった『ケハマの呪い』 The Curse of Kehama (1810) などの長詩は読まれなくなり,今日では湖畔詩人の一人としての少数の抒情詩と『ネルソン伝』 The Life of Nelson (13) とによって記憶されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サウジー(Robert Southey)

[1774~1843]英国の桂冠詩人・批評家。ワーズワースコールリッジらとともに、湖畔詩人とよばれた。物語詩「サラバ」、伝記「ネルソン伝」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サウジー

英国の詩人。ワーズワースコールリジの友人で,湖水地方で活躍した〈湖畔詩人〉の一人。若いイスラム教徒主人公とした物語詩《サラバ》(1801年)のほか,《ネルソン》(1813年)などの歴史・伝記物もあり,多作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サウジー【Robert Southey】

1774‐1843
イギリス湖水派の詩人(湖畔詩人),批評家。オックスフォード大学中退後,フランス革命に共感,コールリジ北アメリカに〈理想平等社会〉建設を夢みて失敗。スペイン滞在中に《ジャンヌ・ダルク》(1796),ロンドンで《詩集》(1797)を出し,のちケジックに定住した。彼の詩は,エキゾティックで神話的テーマをもつ叙事詩《サラバ》(1801),《マドック》(1805),《ケハマの呪い》(1810),それに議会改革をうたう《ワットタイラー》(1819)の劇詩が中心である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サウジー【Robert Southey】

1774~1843) イギリスの桂冠詩人。ワーズワースらとともに湖畔詩人と呼ばれる。詩集「サラバ」、伝記「ネルソン伝」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウジー
さうじー
Robert Southey
(1774―1843)

イギリスの詩人。フランス革命を賛美し、コールリッジとともに政治的ユートピア「万民平等社会(パンティソクラシー)」の建設を夢みたが、のち王党派に転ずる。1813年桂冠(けいかん)詩人の地位を得、ジョージ3世の追悼詩を書き、バイロンの痛烈な風刺を浴びた。長編詩に『キハーマ王の呪(のろ)い』(1810)などがあり、今日では『ネルソン伝』(1813)が広く読まれている。[早乙女忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサウジーの言及

【桂冠詩人】より

…これ以来この種の詩作は,桂冠詩人の義務ではなく,自発的意志によってのみ行われるならわしである。ほかに著名な桂冠詩人としてはR.サウジー,A.テニソンがいる。【川崎 寿彦】。…

【湖畔詩人】より

…彼の代表作の多くは,1799年末から1806年まで居を構えたグラースミアのダブ・コティッジで書かれた。その北方十数マイルのケジックにあるグリータ・ホールには1800年から04年まで僚友コールリジが,また03年から43年までR.サウジーが住まった。〈湖畔詩人〉の呼称はこの3人に対して,《エジンバラ・レビュー》(1817年8月)が軽蔑的に与えたものである。…

※「サウジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サウジーの関連キーワードルイルイ福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語バヌアツオオカミの再導入酒田大火ノーフォーク島の歴史

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone