コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッキー Bucky, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッキー
Bucky, Gustav

[生]1880.9.3. ライプチヒ
[没]1963.2.19. ニューヨーク
ドイツ生れのアメリカの放射線科医。 1907年ライプチヒ大学で学位を取得し,ベルリンのウィルヒョー病院などの放射線科に勤務したのち,23年にアメリカに渡り,29年に帰化。アルバート・アインシュタイン医科大学教授などをつとめる。紫外線とX線との中間にあたり,境界線とも超軟X線ともいわれる波長 0.6~3Åのブッキー線の発見者。ブッキー線は表在性の皮膚疾患の治療に応用される。また散乱X線を吸収させて,主X線だけをフィルムに通す鉛と木で作った移動格子で,X線写真のコントラストを鋭く写し,鮮明度をよくするX線撮影補助装置のブッキー格子を考案した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブッキーの関連キーワードブックメーカーカサベテス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android