コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッシング bushing

翻訳|bushing

大辞林 第三版の解説

ブッシング【bushing】

碍管がいかん。また、碍管に導線を通した構造の端子。機器などに引き込む電線を外箱から絶縁するために用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブッシング【bushing】

電気機器のケースや建物の壁などに取り付けてそこから電気が出入できるようにする装置(図1)。構造的に大別すると以下のようなものがある。(1)単一形ブッシング 図2に示すように碍管(がいかん)中を導体を通すだけの構造のブッシング。33kV以下の電圧に使用される。(2)油入ブッシング 碍管に油といくつかの絶縁筒を入れたブッシング。構造的に古いタイプのものである。(3)油浸紙コンデンサーブッシング 導体に紙とアルミ箔やカーボン紙などを適当な間隔で巻き込んで絶縁油を含浸させてコンデンサーを形成させ,電界分布を改善して,絶縁を強化したブッシング。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブッシングの関連キーワード断路器変流器

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android