コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッダゴーサ Buddhaghoṣa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッダゴーサ
Buddhaghoṣa

5世紀頃のインドの仏教学者。意訳して「仏音」「覚鳴」などとも呼ぶ。中インド,マガダ国のブッダガヤー付近の人。バラモンの家に生れたが,仏教に帰依し,広く経典に精通し,弁舌に巧みであり,伝道に努めた。 430年頃セイロン (現スリランカ) に渡り,大寺 Mahāvihāraに居住して,当時セイロンの言葉で伝えられていた注釈書を研究し,全三蔵のほとんどにパーリ語の注釈書をつくった。また独立に『清浄道論』 Visuddhimaggaを著わした。セイロンでは彼の学徳をたたえて,弥勒菩薩の再来とあがめている。晩年には故国に帰ったと伝えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブッダゴーサ

仏音(ぶっとん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のブッダゴーサの言及

【仏音】より

…生没年不詳。パーリ語名,ブッダゴーサBuddhaghosaの音訳。中部インドのマガダ国にバラモンの子として生まれ,幼少よりバラモン教の根本聖典であるベーダをはじめ,ヨーガ学派サーンキヤ学派の論典を学んだ。…

※「ブッダゴーサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブッダゴーサの関連キーワードガーター(詩句)善見律毘婆沙解脱道論南方仏教

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android