コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッダゴーサ Buddhaghoṣa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッダゴーサ
Buddhaghoṣa

5世紀頃のインドの仏教学者。意訳して「仏音」「覚鳴」などとも呼ぶ。中インド,マガダ国のブッダガヤー付近の人。バラモンの家に生れたが,仏教に帰依し,広く経典に精通し,弁舌に巧みであり,伝道に努めた。 430年頃セイロン (現スリランカ) に渡り,大寺 Mahāvihāraに居住して,当時セイロンの言葉で伝えられていた注釈書を研究し,全三蔵のほとんどにパーリ語の注釈書をつくった。また独立に『清浄道論』 Visuddhimaggaを著わした。セイロンでは彼の学徳をたたえて,弥勒菩薩の再来とあがめている。晩年には故国に帰ったと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブッダゴーサ

仏音(ぶっとん)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のブッダゴーサの言及

【仏音】より

…生没年不詳。パーリ語名,ブッダゴーサBuddhaghosaの音訳。中部インドのマガダ国にバラモンの子として生まれ,幼少よりバラモン教の根本聖典であるベーダをはじめ,ヨーガ学派サーンキヤ学派の論典を学んだ。…

※「ブッダゴーサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブッダゴーサの関連キーワードガーター(詩句)善見律毘婆沙解脱道論南方仏教

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android