コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清浄道論 しょうじょうどうろん Visuddhimagga

2件 の用語解説(清浄道論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清浄道論
しょうじょうどうろん
Visuddhimagga

インドの学僧ブッダゴーサ Buddhaghosa (5世紀頃) の著作。ブッダゴーサセイロン (現スリランカ) のマハービハーラ寺所蔵のシンハラ語の仏教文献を広く参照し,『解脱道論』を底本として,上座部仏教の教理を体系的に記した百科全書的文献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清浄道論
しょうじょうどうろん

南アジア諸国に伝わる上座部仏教の最大の綱要書。5世紀の中ごろ、インド出身の学僧ブッダゴーサBuddhaghosa(仏音(ぶっとん))が、スリランカのマハービハーラ(大寺)において、『解脱道論(げだつどうろん)』(2~3世紀ころ、ウパティッサ著)を骨子として、当時伝承されていた仏教の諸典籍を参照しながら著したもの。23品(ぼん)からなり、戒(かい)・定(じょう)・慧(え)の三学を中心に、仏教教理を集大成したもので、戒律についての解釈、実践行としての頭陀支(ずだし)、禅定(ぜんじょう)についての説明、智慧(ちえ)についての解釈などを通じて、清浄への道たる「さとり」に至るべきことを勧める。[佐藤良純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清浄道論の関連キーワードエッダブッダガヤーブッダゴーサ仏音ゴーサイン仏陀伽耶仏駄跋陀羅釈迦牟尼菩提迦耶寺院千燈寺院オランダゴールド

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone