コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライアント法案 ブライアントほうあんBryant Bill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライアント法案
ブライアントほうあん
Bryant Bill

正式名称は「1989年外貨登録開示法案」。 1988年包括通商・競争力強化法案のなかから削除されたブライアント条項に修正を加え,単独法案として第 101議会に提出されたが,結局廃案になった。ブライアント条項は,外国投資家による不動産の取得,アメリカ企業の買収などに対して届出を義務づけ,かつその内容を公開するというものであった。これは外国企業の個別情報を開示の対象としていること,要求する情報の範囲が広いことから,潜在的に外国企業の対米投資抑制効果をもつと考えられる。この条項では,商務省は情報を一般に公開することが義務づけられており,情報を入手できるものの範囲を (1) 政府関係者,(2) 議会の委員会,(3) 州政府機関,(4) 適切と認められた研究者に限定していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブライアント法案の関連キーワードAPEC舟崎克彦スペースシャトル飛行記録レーザレーダ追突警報装置木島始ナショナル・センター[各個指定]芸能部門井上光晴大岡信温室効果

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android