コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラインド方式 ぶらいんどほうしき

1件 の用語解説(ブラインド方式の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

ブラインド方式


投資信託の取引が、当日の基準価額が分からない状況で行われること。
投資信託が投資している資産の評価値が確定した後に、投資信託の取引ができると、既存の投資家の利益が阻害されるため、このような方式を採用している。
投資家は、基準価額が分らないことから、注文の際に、口数を指定し、その後確定した金額を支払うか、あらかじめ金額を指定し、その範囲内で購入可能な口数分の受益権を購入するか、いずれかの方法で注文する。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラインド方式の関連キーワード投資信託委託会社オープンエンド型投資信託基準価額解約価額外貨建て投資信託連動率投資信託説明書騰落率分配落ち

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラインド方式の関連情報