ブラウンパッチ(読み)ぶらうんぱっち(英語表記)brown patch

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芝草の病気で、正式の病名は葉腐(はぐされ)病であるが、通称ブラウンパッチとよばれている。ゴルフ場のグリーンなどに直径10センチメートル~1メートルの円形、褐色の枯死部を生ずる。枯死部の周縁は紫緑色から暗緑色を呈することが多い。夏の高温多湿時に発生が多い。病原はカビの一種でリゾクトニア・ソラニRhizoctonia solaniである。この菌はクモノスカビともいわれ、多くの作物を侵し、牧草類の葉腐病、野菜類の苗立枯(たちがれ)病、樹木類のくもの巣病をおこす。シバでは酸性土壌で発生が助長され、窒素質が多く、カリが少ないと発生が多い傾向がみられる。防除法は、根の発育を良好にするため通気をよくし、リン酸、カリ質肥料を多めに施用するほか、メプロニル剤、フルトラニル剤、バリダマイシン剤、アゾキシストロビン剤などの殺菌剤を散布または灌注(かんちゅう)する。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android