葉腐病(読み)はぐされびょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉腐病
はぐされびょう

ダイズ、アズキ、インゲンマメ、テンサイ(サトウダイコン)、チューリップのほか、クローバー類などのマメ科牧草、チモシーなどのイネ科牧草類の病気。葉が熱湯をかけたようになって腐り、湿度の高いときには、被害部にくもの巣状に病原菌の菌糸がまつわりつく。病原はカビの一種で、タナテフォルス・ククメリスThanatephorus cucumerisあるいはその不完全世代のリゾクトニア・ソラニRhizoctonia solaniである。この菌は多犯性で、野菜類の苗立枯病、樹木・庭木などのくもの巣病の病原菌でもある。ダイズなど前記の作物では、主として葉だけが侵され腐るので葉腐病といわれる。葉が密生する牧草類では被害が大きい。芝草ではブラウンパッチともよばれ、ゴルフ場グリーンの重要な病気である。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の葉腐病の言及

【モニリア病】より

…胞子の特徴を示す学名で病名もこれに由来する。発生する部位によって花腐(はなぐされ)病,実腐(みぐされ)病,葉腐(はぐされ)病などと呼ばれる。葉腐病が一番早く発生するが,被害が直接的なのは他の二つである。…

※「葉腐病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android