くもの巣病(読み)くものすびょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマツ、スギ、ヒノキなどの針葉樹やアカシア、クスノキ、ハギなどの庭木に発生する病気。病原菌はリゾクトニア・ソラニRhizoctonia solaniという糸状菌で、樹木類のほか多くの牧草類やテンサイなどの農作物を冒す。牧草類では葉腐(はぐされ)病とよばれるが、樹木類でくもの巣病とよばれるのは、葉や若い枝を冒し、患部にくもの巣状のカビ(病原菌の菌糸)を生じ、目だつからである。発生は夏の高温時に多く、枝葉がこみすぎたり、風通しが悪いとよく発生する。とくに降雨後急に気温が上がると被害が多くなる。病気にかかった樹木は葉が黄褐色ないし黒褐色に変色して腐敗し落葉する。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android