コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッケンリッジ ブラッケンリッジ Brackenridge, Henry Marie

2件 の用語解説(ブラッケンリッジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラッケンリッジ
ブラッケンリッジ
Brackenridge, Henry Marie

[生]1786.5.11. ピッツバーグ
[没]1871.1.18. ピッツバーグ
アメリカの旅行記作家,法律家。 H.H.ブラッケンリッジの息子。主著『ルイジアナ見聞記』 Views of Louisiana (1814) ,『南アメリカ』 South America (17) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブラッケンリッジ
ブラッケンリッジ
Brackenridge, Hugh Henry

[生]1748. スコットランド
[没]1816.6.25. ペンシルバニア,カーライル
アメリカの詩人,小説家。5歳のときアメリカに移住。 1771年ニュージャージー (現プリンストン) 大学卒業。 74年同大学で修士号を取得。独立戦争中は従軍牧師をつとめるかたわら愛国的な詩や論文を発表,戦後は法律家としてピッツバーグに移り,この地方最初の新聞『ピッツバーグ・ガゼット』 The Pittsburgh Gazette (1786) を創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラッケンリッジの関連キーワードスコットランドヤードスコッチツイード蘇格蘭スコット記念碑ゼットランド諸島Highlandsスコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団スコッチ炭スコットランド風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone