コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎 よしだぶんざぶろう

3件 の用語解説(吉田文三郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吉田文三郎【よしだぶんざぶろう】

人形浄瑠璃の人形遣(つかい),演出家。吉田流の元祖。竹本座で人形の技法や演出に創意工夫を凝らし,冠子の名で《恋女房染分手綱》の合作に加わった。人形浄瑠璃の視覚的な表現性を高め,また初めて立役と女方を兼ねた古今の名人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よしだぶんざぶろう【吉田文三郎】

人形遣い。(1)初世(?‐1760(宝暦10)) 幼名吉田八之助。浄瑠璃の作者名吉田冠子(かんし)(初世)。竹本座創設期の立役遣い吉田三郎兵衛の子で幼時から父に学び,1717年(享保2)竹本座で初舞台。長じて竹本座の人形遣いの中心となり立役,女方ともに優れた。人形のからくりや演出などのくふうにも才があり,3人遣いの完成に大きく貢献したほか,演出にも意欲をみせた。《夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)》で初めて人形に帷子(かたびら)を着せ,立回りに本泥水を使い,《義経千本桜》の佐藤忠信の人形に竹本政太夫源氏車の紋を用いるなど,その演出は現在も踏襲されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田文三郎
よしだぶんざぶろう

人形遣い。[山田庄一]

初世

(?―1760)幼名八之助。竹本座創設ごろの立役(たちやく)遣いの名手吉田三郎兵衛の子。幼時から人形をもち才能を認められた。1717年(享保2)『国性爺後日合戦(こくせんやごにちのかっせん)』の経錦舎(けいきんしゃ)で初舞台、「さすがに父の子」との評をとった。享保(きょうほう)10年代以後は竹本座人形の座頭(ざがしら)格となり、立役、女方を兼ね優れた演技をみせるとともに、人形の改良にもくふうを重ね、34年(享保19)『芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)』における3人遣いの完成に大きな貢献をした。48年(寛延1)『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』初演に際し紋下(もんした)の竹本此太夫(このたゆう)と激突、此太夫以下が竹本座を去って豊竹(とよたけ)座に移るという東西太夫の入れ替え事件となった。59年(宝暦9)文三郎も竹本座を脱退、京に上ったが翌年没した。彼はまた吉田冠子(かんし)の名で作者としても活躍したが、すべて合作であり、人形の見せ場をつくる改作や増補が多い。[山田庄一]

2世

(1732―90)初世の実子。大坂に生まれる。幼名八太郎。文吾から2世三郎兵衛を経て1761年(宝暦11)2世を襲名。父に劣らぬ名人といわれた。作者名は2世吉田冠子。[山田庄一]

3世

(?―1829)2世の門弟で、初名千四。1821年(文政4)3世を襲名。芸域広く名手といわれた。[山田庄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田文三郎の言及

【竹田出雲】より

…歌舞伎の影響もあって舞台本位に急なあまり,文章上の矛盾もまた見られた。さらに人形遣いの発言力も増し,1748年(寛延1)《仮名手本忠臣蔵》初演のとき,吉田文三郎と竹本此太夫との衝突事件で座本の出雲が文三郎に加担したため,此太夫ほかの太夫が豊竹座に移り,以後,竹本西風の芸と豊竹東風の芸との乱れを生じたことは座経営上の失敗であった。おもな作品(小出雲時代を除く)は《傾城枕軍談》(1747),《義経千本桜》(1747),《仮名手本忠臣蔵》(1748),《粟島譜嫁入雛形(あわしまけいずよめいりひながた)》(1749),《双蝶々曲輪日記(ふたつちようちようくるわにつき)》(1749)など。…

【夏祭浪花鑑】より

…1745年(延享2)7月大坂竹本座初演。団七とお辰の人形の初演者は初世吉田文三郎。初演時の番付の口上書に〈魚売団七高津祭宵宮長町裏にて舅を殺し候は四拾年以前の義……始終の実説を承合此度新作に取組〉とある。…

【人形浄瑠璃】より

…両座の競争により浄瑠璃界はいっそう活気を帯び,享保後半~寛延期(1726‐51)25年間に,現在の文楽や歌舞伎の主要演目となる名作が次々と初演されるが,近松・紀海音(1723年(享保8)以前の豊竹座作者)時代と異なり,これらの作品の多くは合作制により生み出された。34年人形に三人遣いが考案され,人形浄瑠璃の写実的傾向はいっそう強まり,特に竹本座の人形遣い吉田文三郎は人形が〈生きて働く〉と絶賛され,彼の考案した演出,衣装などは,現在まで文楽,歌舞伎の舞台に生き続けている。文三郎が立役(男性)を得意としたのに対し,豊竹座の藤井小三郎,小八郎は名女形遣いと謳われた。…

※「吉田文三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田文三郎の関連キーワード車人形人形劇人形遣い女形人形木偶遣い吉田栄三主遣い手遣い藤井小三郎(初代)藤井小三郎(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone