コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッスール ブラッスール Brasseur, Pierre

2件 の用語解説(ブラッスールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラッスール
ブラッスール
Brasseur, Pierre

[生]1905.12.22. パリ
[没]1972.8.15. フルコニ
フランスの俳優。本名 Pierre Albert Espinasse。両親とも著名な俳優。 J.コクトーや R.ラディゲを友とし,1929年 E.ブールデの『弱き性』で成功。映画『霧の波止場』『天井桟敷の人々』などでスターとなり,第2次世界大戦後は J.P.サルトル,A.カミュ,P.クローデルなどの作品に主演,フランス最後のロマンチックな名優と認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッスール
ぶらっすーる
Pierre Brasseur
(1905―1972)

フランスの俳優。パリに生まれ、母親をはじめ一族に俳優が多い環境に育つ。最初画家を志すが、モンパルナス界隈にたむろするうちアンドレ・ブルトンらのシュルレアリストを知る。1928年のブールデ作『弱い性』の演技で注目され、48年にはカミュの『戒厳令』、クローデル作『真昼の分割』に主演。その後の、サルトルの『悪魔と神』のゲッツ役、『キーン』のキーン役はことに有名で、アヌイ作『オルニフル』やピンター作『帰郷』などで名演技をみせた。映画ではマルセル・カルネの『天井桟敷(さじき)の人々』(1944)中のフレデリック・ルメートル役が著名で、そのほかにも『夜の門』(1948)、『リラの門』(1957)などに主演した。処女作『黒い錨(いかり)』(1925)をはじめ、劇作もいくつか残している。[利光哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラッスールの関連キーワードNこざっぱりすぱりパリアパリジェンヌパリダカハルパリュケヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone