コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天井桟敷(読み)テンジョウサジキ

デジタル大辞泉の解説

てんじょう‐さじき〔テンジヤウ‐〕【天井桟敷】

劇場の後方最上階の安価な観覧席。
[補説]劇団名別項。→天井桟敷

てんじょうさじき【天井桟敷】[劇団名]

歌人・劇作家寺山修司の主宰により昭和42年(1967)に結成された劇団。創設時の参加者には、横尾忠則東由多加、九條映子などがいる。前衛的演出を特徴とし、市街劇や海外公演も行なった。昭和44年(1969)には劇場「天井桟敷館」を開設。昭和58年(1983)5月に寺山が病死、同年7月に解散。「演劇実験室天井桟敷」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんじょうさじき【天井桟敷】

劇場で、後方最上階の低料金の席。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天井桟敷の関連情報