天井桟敷(読み)テンジョウサジキ

デジタル大辞泉「天井桟敷」の解説

てんじょうさじき【天井桟敷】[劇団名]

歌人劇作家寺山修司主宰により昭和42年(1967)に結成された劇団。創設時の参加者には、横尾忠則東由多加、九條映子などがいる。前衛的演出を特徴とし、市街劇や海外公演も行なった。昭和44年(1969)には劇場「天井桟敷館」を開設。昭和58年(1983)5月に寺山病死、同年7月に解散。「演劇実験室天井桟敷」とも。

てんじょう‐さじき〔テンジヤウ‐〕【天井桟敷】

劇場の後方最上階の安価な観覧席。
[補説]劇団名別項。→天井桟敷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「天井桟敷」の解説

てんじょう‐さじき テンジャウ‥【天井桟敷】

〘名〙 劇場で、後方最上階の最下等の席。→大向こう
※円形劇場から(1970)〈辻邦生〉「劇場でも天井桟敷で、ほの暗い闇に包まれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「天井桟敷」の解説

天井桟敷
てんじょうさじき

寺山修司」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android