コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランキズム blanquisme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランキズム
blanquisme

一揆主義またはプッチズム putchismともいう。客観的条件を考慮することなく,少数集団による直接行動を経て権力奪取を企図する思想と行動をいう。この系譜はフランス革命における F.バブーフから発し,1830,48年の両革命と 71年のパリ・コミューンに加わった A.ブランキの思想に連なっている。ブランキズムは革命の条件分析を欠いていたため,K.マルクスによって否定されたが,レーニンによって再評価され,1917年のロシア革命におけるボルシェビキの組織論の基礎となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブランキズムの関連キーワードオポチュニズム一揆主義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android