コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランデーガイ Volutoconus bednalli; brandy volute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランデーガイ
Volutoconus bednalli; brandy volute

軟体動物門腹足綱ヒタチオビガイ科。高 13cm,殻径 5cm。殻は紡錘形で厚質堅固,塔は高円錐形で殻頂は丸く大きく,螺層は6階。体層は大きく高く,殻高の3分の2を占める。殻表は黄色で,黒紫色の螺帯と縦帯がある。殻口は下方へ広くなり,軸唇に3つの強いひだがあり,水管溝は後方へ湾入する。オーストラリア北部からニューギニア南岸と東南インドネシアの水深 10~100mの砂底にすむ。美しく珍しい貝で,入手するのに上等のブランデー1本と交換したというのでこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランデーガイ
ぶらんでーがい
Bednall's volute
[学]Volutoconus bednalli

軟体動物門腹足綱ヒタチオビガイ科の巻き貝。オーストラリア北部の沿岸に分布し、数十メートルの泥底にすむ。殻高15センチメートル、殻径4.5センチメートルで長卵形。螺塔(らとう)は高くて頂上は丸く、殻口は広い。殻表は、黄白色の地に紫褐色の粗い網目模様がある。珍しい貝なので収集家が珍重し、かつてはアラフラ海のシロチョウガイ採取の潜水夫からこの貝1個とブランデー1本を交換して集めたという話があり、これが和名の由来となっている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブランデーガイの関連キーワードアラフラ海

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android