コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニア橋 ブリタニアきょう

百科事典マイペディアの解説

ブリタニア橋【ブリタニアきょう】

英国,ウェールズアングルシー島を隔てるメナイ海峡にR.スティーブンソンによって1850年完成された鉄道橋。錬鉄製のボックスガーダー橋。140mと70mの支間が各2径間ずつあり当時最長の鉄道橋として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブリタニアきょう【ブリタニア橋 Britannia Bridge】

イギリス,ウェールズのメナイ海峡に架かる鉄道橋。1850年完成。R.スティーブンソンの設計で,鉄の技術に詳しいW.フェアベアンが実験に,数学者のホジキンソンEaton Hodgkinson(1789‐1861)が理論解析に協力した。錬鉄の板で組み立てた長方形断面の箱桁の内部を,あたかもトンネルのように列車が通るという特異な橋である。ただし箱桁そのものは剛性に富む力学的に優れた構造で,1世紀を経た第2次世界大戦後各国で盛んに用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブリタニア橋の言及

【橋】より

…この橋もその後,風による被害などに悩まされたが,当時ヨーロッパのつり橋は,材料や設計の欠陥から落橋に至ったものも少なくない。メナイ橋に少し遅れて,蒸気機関車の発明者G.スティーブンソンは世界初の鉄道橋をつくり,その子ロバートは50年,やはりメナイ海峡に今日の箱桁の元祖といえる支間140mの巨大なブリタニア橋を建設した。一方,新興国アメリカでも19世紀に入って橋梁技術は長足の進歩をとげ,1801年フィンリーJames Finley(1762‐1828)によって近代つり橋の形態を備えた初のつり橋が架設され,また20年ころからは各種トラスの考案が競ってなされ,実現に移された。…

※「ブリタニア橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニア橋の関連キーワードスティーブンソン(Robert Stephenson)スチーブンソン箱桁橋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android