ブリハスパティ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリハスパティ
ぶりはすぱてぃ
Bhaspati

古代インドの神。ブラフマナスパティBrahmaaspatiともよばれる。祈祷(きとう)の語を神格化したものとされ、祈祷主と訳されている。インド最古の聖典『リグ・ベーダ』の創造神話において、ブラフマナスパティは宇宙創造者とみなされていた。「ブラフマン」は、後のウパニシャッド思想においては宇宙の根本原理とみなされるが、『リグ・ベーダ』においては、聖なる祈祷の語、讃歌(さんか)を意味するものと解されている。このブラフマンをつかさどる神がブラフマナスパティまたはブリハスパティであると考えられる。彼は鍛冶(かじ)工のように、この万物を鍛えて創造したとたたえられる。後代になると、ブリハスパティは、神々の司祭、教師とみなされるようになり、処世論その他の論書の創始者と仰がれた。また、ブリハスパティの名は、木星と結び付けられた。[上村勝彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブリハスパティの言及

【インド神話】より

…《リグ・ベーダ》にはまた若干の創造神話が見られる。祈禱主神ブラフマナスパティ(ブリハスパティ)とかビシュバカルマン(毘首羯磨)を万物の創造者とする説や,創造神が黄金の胎児(ヒラニヤ・ガルバHiraṇya‐garbha)として太初の原水の中にはらまれて出現したとする説がある。また,神々が万有そのものである原人プルシャPuruṣaを犠牲獣として祭祀を実行し,もろもろの世界を形成したという,諸民族の間に見られる巨人解体神話と共通な説もある。…

※「ブリハスパティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android