コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュエンニオス Bryennios, Nikēphoros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュエンニオス
Bryennios, Nikēphoros

[生]1062. アドリアノープル
[没]1137. シリア
ビザンチンの歴史家。皇帝アレクシウス1世の娘アンナ・コムネナと結婚し,帝位を目指したが失敗。義母のすすめで『史林』 Hyle historias (4巻) を著わしたが,病没のため未完。これは 1070~79年の期間を扱ったもので,コムネノス家の内幕を側近として詳しく述べている。

ブリュエンニオス
Bryennios, Philotheos

[生]1833. イスタンブール
[没]1914
イスタンブール出身のキリスト教東方正教会神学者。ギリシアのカルキス,ドイツの諸大学で学び,1875年セライ,77年ニコメディアの首都大主教。 73年イスタンブールで『十二使徒の教え』および2通の『クレメンス書簡』の手写本を発見,それぞれ 75,83年に注解とともに出版。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブリュエンニオスの関連キーワードアンナ・コムネナギリシアカルキス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android