コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史林 シリン

デジタル大辞泉の解説

し‐りん【史林】

歴史書のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しりん【史林】

歴史の書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

史林
しりん

歴史学の総合雑誌。史学研究会の機関誌。史学研究会は、1908年(明治41)2月11日、京都帝国大学文科大学史学科の教官が中心となって発足した。初め見学会や講演会を行い講演集などを刊行。ついで14年(大正3)から会報を出し、翌年の会則改正により16年11月を期して季刊雑誌『史林』が刊行された。45年(昭和20)の敗戦の前後は刊行の困難に直面したが、その後史学研究会は、京都大学文学部史学科の学会として組織を整え直し、54年(昭和29)から『史林』の隔月刊を実現し、今日に及ぶ。[門脇二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

史林の関連キーワードブリュエンニオス尭恕入道親王三浦 周行乙訓古墳群村上 専精境野 黄洋鷲尾 順敬一条能保壺井義知松永久秀鷲尾順敬村上専精那波利貞益子金蔵歴史書源為時歴史書物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

史林の関連情報