コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史林 シリン

デジタル大辞泉の解説

し‐りん【史林】

歴史書のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しりん【史林】

歴史の書物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

史林
しりん

歴史学の総合雑誌史学研究会の機関誌。史学研究会は、1908年(明治41)2月11日、京都帝国大学文科大学史学科の教官が中心となって発足した。初め見学会や講演会を行い講演集などを刊行。ついで14年(大正3)から会報を出し、翌年の会則改正により16年11月を期して季刊雑誌『史林』が刊行された。45年(昭和20)の敗戦の前後は刊行の困難に直面したが、その後史学研究会は、京都大学文学部史学科の学会として組織を整え直し、54年(昭和29)から『史林』の隔月刊を実現し、今日に及ぶ。[門脇二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

史林の関連情報