コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリユアン帯 ブリユアンたいBrillouin zone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリユアン帯
ブリユアンたい
Brillouin zone

結晶中の電子の状態はいくつかのエネルギー帯に分れ,1つのエネルギー帯の中の状態の数は結晶中の原子数 Nに等しく,波数ベクトルkによって区別される。この N個の kのとりうる領域をブリユアン帯という。この境界面では,結晶の周期ポテンシャルによる電子の反射がブラッグの条件を満たしている。ブリユアン帯は,結晶の逆格子空間において原点と他の逆格子点を結ぶ線分の垂直二等分面によってつくることができ,内側から順番に第一,第二,…ブリユアン帯と呼ぶ。エネルギー帯を低いほうから順番に第一,第二,…ブリユアン帯に対応させると,波数ベクトルの関数としてエネルギーは一価関数になり,各ブリユアン帯の境界で不連続を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブリユアン帯の関連キーワードブラッグ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android