ブリユアン帯(読み)ブリユアンたい(英語表記)Brillouin zone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結晶中の電子の状態はいくつかのエネルギー帯に分れ,1つのエネルギー帯の中の状態の数は結晶中の原子数 Nに等しく,波数ベクトルkによって区別される。この N個の kのとりうる領域をブリユアン帯という。この境界面では,結晶の周期ポテンシャルによる電子の反射がブラッグの条件を満たしている。ブリユアン帯は,結晶逆格子空間において原点と他の逆格子点を結ぶ線分の垂直二等分面によってつくることができ,内側から順番に第一,第二,…ブリユアン帯と呼ぶ。エネルギー帯を低いほうから順番に第一,第二,…ブリユアン帯に対応させると,波数ベクトルの関数としてエネルギーは一価関数になり,各ブリユアン帯の境界で不連続を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android