コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリンクマン指数(読み)ブリンクマンしすう(英語表記)Brinkman index; BI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリンクマン指数
ブリンクマンしすう
Brinkman index; BI

健康と喫煙の関係を示す指数で,「1日の喫煙本数×喫煙年数」で表される。この指数が大きいほど,肺癌の発病率が高いことが知られており,ブリンクマン指数が 400~600では,平均して非喫煙者の肺癌死亡率の 4.9倍といわれる。また虚血性心臓病,クモ膜下出血など動脈硬化性疾患との関係も深く,吸えば吸うほどリスクが高くなっていく。喫煙開始年齢が早いほどリスクは大きくなる傾向があり,禁煙教育の意義は大きいといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブリンクマン‐しすう【ブリンクマン指数】

Brinkman index》喫煙量と喫煙年数を掛けた数値。1日の喫煙本数×喫煙年数で表される。この数値が400を超えると癌(がん)が発生する危険性が高くなるとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブリンクマンしすう【ブリンクマン指数】

1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じた数値。この値が400以上になると肺癌発生の危険性が増すとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android