コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルグンド王国 ブルグンドおうこくKönigtum der Burgunders; Royaume des Burgondes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルグンド王国
ブルグンドおうこく
Königtum der Burgunders; Royaume des Burgondes

ゲルマン民族の一派ブルグンド族が建設した王国。5世紀初め頃ライン川右岸地帯を中心にウォルムスを首都として建設された初期の王国は,『ニーベルンゲンの歌』にみられるように,まもなくフン民族に滅ぼされたが,サボア地方に再建された (443) 。グンドバド王 (在位 473~516) のときが最盛期で,『ブルグンド法典』もつくられたが,534年フランクのクロタール1世に敗れ,王国はフランクに併合された。その後カロリング朝の没落とともに,879年下ブルグンド王国,888年に上ブルグンド王国が成立,これら両者が合体して,934年頃ブルグンド王国となった。ローヌ川下流域を中心に形成されたこの王国は,アルルを首都とするところから,アレラート王国とも呼ばれる。 1032年神聖ローマ皇帝コンラート2世によりドイツ帝国に編入されたが,中世を通じて王国の大部分はフランス領となった。中世末期に強大化したブルゴーニュ公国は,10世紀にこの国の北西部地域から形成されたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブルグンド王国の関連キーワードシャロンシュルソーヌジュネーブアエチウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android