ブルジョア憲法(読み)ブルジョアけんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

憲法をその歴史的背景と内容に即して分類した場合の一つで,近代市民革命 (ブルジョア革命) を契機に成立した憲法およびその系譜に立つ憲法のこと。アメリカ合衆国憲法や 1791年のフランス憲法がその典型。国民主権,権力分立および自由権を中心とする人権保障 (なかでも財産権をはじめとする経済的自由権の保障が重要な意義をもつ) を中心的な構成原理とする。その後,19世紀末から 20世紀にかけての資本主義体制の矛盾の顕在化に直面して一定の福祉主義的な変容を受けるが,日本国憲法を含めていわゆる西側諸国の憲法は基本的にはこの系譜に立つ。 (→社会主義憲法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android