コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルンフェルシア Brunfelsia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルンフェルシア
Brunfelsia

ナス科バンマツリ属の属名で,中央・南アメリカ,西インドに約 30種が知られる。花が大きくて美しく,芳香がある種類も多く温室で観賞用として栽培される。いずれも常緑低木で葉は互生し,革質で光沢がある。花は大きくて漏斗形,頂生の集散花序につき,萼は管状鐘形,花弁も漏斗形で筒部の先が深く5裂する。アメリカバンマツリ B. americana,バンマツリ B. hopeanaニオイバンマツリなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルンフェルシア

中・南米原産のナス科の一属で,約30種ある。常緑の低木,または小高木。日本ではふつう数種が温室で観賞用に栽培されている。ブルンフェルシア・アウストラリス(ニオイバンマツリ)は葉が薄く,全体に小株。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブルンフェルシアの関連キーワード匂蕃茉莉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android