ブルンフェルス(英語表記)Brunfels, Otto

  • 1489ころ―1534
  • Otto Brunfels

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1489頃.マインツ
[没]1534.11.23. ベルン
ドイツの植物学者,神学者,医者。シュトラスブルクのカルトジオ修道院を出て (1521) ,諸方を旅行したのち,同地で学校を開設 (24) 。のちにベルンの町医となる (32) 。 C.リンネをして「近代植物学の父」と言わしめた彼の植物観察は,240種に及ぶみごとな植物写生図譜としてまとめられた。その記載区分は,医薬としての効用に基づく伝統的な方法がとられている。『植物活写図』 Herbarum vivae eicones (2巻,30~40) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの神学者、植物学者。ボックJerome Bock(1498―1554)、フックスLeonhard Fuchs(1501―1566)とともに、ドイツの「植物学の父」といわれる。マインツに生まれ、初め修道士となったが、信仰上の理由から修道院を脱し、ルター派に走った。のちストラスブールで教師となり、医学の学位を得た。1530年から1532年にかけて『植物の真に迫る写生図』という、自然に忠実な、美術的にも完成された最初の植物図集を出版した。これに収められている200~300の図は正確で価値が高いが、その説明文は古い時代の著書に基づいている。

[真船和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android