コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルンフェルス ブルンフェルス Brunfels, Otto

2件 の用語解説(ブルンフェルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルンフェルス
ブルンフェルス
Brunfels, Otto

[生]1489頃.マインツ
[没]1534.11.23. ベルン
ドイツの植物学者,神学者,医者。シュトラスブルクのカルトジオ修道院を出て (1521) ,諸方を旅行したのち,同地で学校を開設 (24) 。のちにベルンの町医となる (32) 。 C.リンネをして「近代植物学の父」と言わしめた彼の植物観察は,240種に及ぶみごとな植物写生図譜としてまとめられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルンフェルス
ぶるんふぇるす
Otto Brunfels
(1489ころ―1534)

ドイツの神学者、植物学者。ボックJerome Bock(1498―1554)、フックスLeonhard Fuchs(1501―1566)とともに、ドイツの「植物学の父」といわれる。マインツに生まれ、初め修道士となったが、信仰上の理由から修道院を脱し、ルター派に走った。のちストラスブールで教師となり、医学の学位を得た。1530年から1532年にかけて『植物の真に迫る写生図』という、自然に忠実な、美術的にも完成された最初の植物図集を出版した。これに収められている200~300の図は正確で価値が高いが、その説明文は古い時代の著書に基づいている。[真船和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルンフェルスの関連キーワードマイン川マインツ大聖堂マインドアッペンツェルまいんマインドブリッジラジオ まいにちスペイン語ハインツ小体マインツ協定ランツゲマインデ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone