コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレーン宇宙論 ぶれーんうちゅうろん brane cosmology

1件 の用語解説(ブレーン宇宙論の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ブレーン宇宙論

宇宙の基本法則を目指す超ひも理論やM理論では、ひも以外にブレーン呼ばれる高次元の対象が存在する。例えば膜は空間が2次元的な広がりをもつので、2ブレーンという。我々の宇宙も10次元あるいは11次元空間内の3次元的な空間の広がりをもった3ブレーンである可能性が考えられる。このような立場に立った宇宙論をブレーン宇宙論といい、ブレーン同士の衝突や相互作用が、宇宙の膨張インフレーション(急膨張)の起源とする説などが研究されている。

(二間瀬敏史 東北大学大学院理学研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレーン宇宙論の関連キーワード超弦理論超ひも理論M理論基本法超紐理論理論哲学ストリング理論重量の法則層位学の基本法則地質学の基本原理

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレーン宇宙論の関連情報