コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子重力 リョウシジュウリョク

デジタル大辞泉の解説

りょうし‐じゅうりょく〔リヤウシヂユウリヨク〕【量子重力】

量子化された重力。また、そのような理論を量子重力理論という。一般相対性理論では重力場古典論的な場として扱う。しかし一般相対性理論枠組みでは、ブラックホール事象の地平線近傍や特異点のように、量子論的効果を無視できない状態を正確に記述することができない。超弦理論をはじめ、いくつかの理論が候補に挙がっているが、まだ完成には至っていない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

量子重力の関連情報