コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンゼンの氷熱量計 ブンゼンのこおりねつりょうけいBunsen's ice calorimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンゼンの氷熱量計
ブンゼンのこおりねつりょうけい
Bunsen's ice calorimeter

氷が融解して水になるときのわずかな体積減少と融解熱とを利用し,体積変化から熱量を算定する熱量計。まず試料管にドライアイスを入れて管壁を氷結させておく。次に試料管に測定試料を入れると,試料の温度が0℃以上か以下かに応じて毛管内の水銀柱が移動する。この体積変化から融解または凝固した水の質量が求められるので,それに融解熱 333.5k J/kg を掛ければ,出入りした熱量が求められる。0℃の一定温度で測定されるので,R.ブンゼンの時代には精密温度計を必要としない長所があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android