コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシェル Būshehr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーシェル
Būshehr

別称バンダレ・ブーシェル Bandar-e Būshehr。イラン南西部,ブーシェル州の州都で,ペルシア湾に面する港湾都市。かつて,シーラーズ-エスファハン-テヘランという古代通商路の起点であり,現在もそのルートで道路が走っているが,1736年頃に建設された港そのものは港湾設備が貧弱であり,さらにイラン縦断鉄道の建設で重要性は減じた。 1930年代以来,多くの人口が流出し,アバダンバーレーンクウェートへの季節移民も多い。現在は漁業基地として重要で,水産加工が盛ん。イラン=イラク戦争で大きな被害を受けた。人口 12万 787 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブーシェルの関連キーワードバンダレアッバースシーラーフカーグ島