コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバダン Ābādān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバダン
Ābādān

イラン南西端,フージスターン州,イラクとの国境に隣接する工業都市。ペルシア湾奥の河口より約 53km内陸にさかのぼった,シャットルアラブ川のデルタ上に位置する。 1908年にイギリス人ダーシー卿によって,マスジデスライマーンに石油が発見され,翌年アングロ・ペルシアン石油会社がつくられた。同社はアバダンを港湾施設と当時世界最大の石油精製所の建設地に選んだ。アバダンの精油所は 12年に完成し,以後石油の精製,輸出の中心地として発展した。パイプラインはテヘランにまで延びている。市内は上級技術者,中級技術者,一般労働者などの住宅地域が,それぞれ一定地域にまとめられている。なお,一般住民はアラブ系が多く,精油所南東の市街地に住んでいる。精油所は 1980~88年のイラン=イラク戦争の爆撃で大きな被害を受けたが,その規模を縮小して再建された。イラン縦断鉄道,幹線道路によりアフワーズを経て,テヘランに連絡する。人口は 1976年当時で約 30万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アバダン(Abadan)

イラン南西部、フーゼスターン州の港湾都市。ペルシア湾に注ぐシャッタルアラブ川の東岸に位置し、大製油所がある。石油の積み出し港として有名。イラン‐イラク戦争において、約1年間イラク軍に製油所が包囲され、大きな被害を受けた。アバダーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アバダン【Abadan】

イランの南西部、ペルシャ湾に注ぐシャトルアラブ川の東岸に臨む河港都市。世界有数の大精油所があり、石油の輸出港として有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アバダンの関連キーワードガッチサラン油田S. バクチアルバンダレホメイニシューシュタルシャトルアラブアガジャリ油田ペルシャ湾デズフールブーシェル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android